【卵殻膜の美容効果】アンチエイジング化粧品としての効果はあるの?

卵殻膜化粧品の効果で若々しい肌を持つ女性

次世代のアンチエイジング美容素材ともいわれる卵殻膜。最近では、真から輝く肌を取り戻す美容素材として美容家からも絶賛されています。

では、わずか0.07mmほどの卵の薄皮には、いったいどのような美容効果を期待することができるのでしょうか?

この記事では、卵殻膜の美容効果についてご説明いたします。

卵殻膜は肌のⅢ型コラーゲンの生成に関係する

ヒトの肌の実に70%はコラーゲンで形成されています。

コラーゲン自体は、かなりの種類があるのですが、肌に存在するコラーゲンはⅠ型コラーゲンとⅢ型コラーゲン。

Ⅰ型コラーゲン 骨や皮膚を形成するコラーゲン。弾力性を持たせる働きがある。
Ⅲ型コラーゲン しなやかで柔軟性のあるコラーゲン。

女性なら誰しも憧れる、ぷるんぷるんの赤ちゃん肌。この赤ちゃんのようなしなやかでやわらかい弾力の肌を維持する上で一番大切なのは、Ⅲ型コラーゲンです。

しかし、Ⅲ型コラーゲンは赤ん坊のときに一番多く肌に存在し、加齢とともに減少してしまうコラーゲン。しかも、食材などに含まれる成分ではないため、食事などで補充することができません。

Ⅲ型コラーゲンは、体内のみで生成される貴重なコラーゲンなのです。

そして、Ⅲ型コラーゲンの生成にもっとも重要な役割をもっているのが、肌内部の「線維芽細胞(せんいがさいぼう)」と呼ばれる細胞です。

卵殻膜は線維芽細胞を活性化

線維芽細胞は、傷の修復時などに活発に活動しコラーゲンを生成します。

また、年齢が若いうちはこの線維芽細胞の活動が活発なため、肌の弾力を維持するⅢ型コラーゲンは十分に生成されています。

しかし、加齢とともに線維芽細胞はその活動に衰えをみせ、Ⅲ型コラーゲンの生成能力が非常に鈍くなっていきます。

その結果、25歳を境にしてⅢ型コラーゲンは大きな減少グラフを描いていきます。

すると、肌のコラーゲンバランスのうち、しなやかで柔軟性を持つⅢ型コラーゲンよりも、硬くて粗いⅠ型コラーゲンの比重が増えてきてしまうのです。

これが、たるみやしわを生む原因のひとつ。歳を取るとどうしても老け顔になってしまう一番の要因です。

そこで、アンチエイジング業界が注目したのが卵殻膜。卵殻膜はこの線維芽細胞に働きかけ、活動を活発化する役割を持っているのです。

今までの化粧品ではどうしてもケアすることのできなかった、肌の内側からのケア。卵殻膜を化粧品に配合することで、細胞レベルにアプローチする優れたスキンケアが可能となりました。

卵殻膜の効果に関しては、学術的にも非常に興味深い発表がされています。

日本皮膚科学会総会での研究結果発表

2ヶ月間(1日2回)の卵殻膜ペプチド化粧品を塗布した皮膚では弾性が増加する傾向がある。

引用:公益社団法人日本皮膚科学会

分かりやすく言い直すと、2ヶ月間ほど卵殻膜化粧品を使った肌には弾力が増す傾向がみられたということです。

たるみやほうれい線などアンチエイジングに悩む女性には朗報ですね。

シミ対策には欠かせないシスチンが圧倒的に含まれる

卵殻膜には、シスチンと呼ばれるアミノ酸が人の肌の5倍以上も含まれています。

シスチンは、システインというアミノ酸が2つ結合した形をしています。そして、この結合によって、たんぱく質に「はしご」のような構造が生み出され、柔軟性が生み出されます。

美肌や美髪にシスチンが必須といわれるのは、これが理由です。

また、シスチンは体内で「L-システイン」という成分に変化します。L-システインは、今やシミ、そばかす対策の化粧品には欠かせない存在。多くの美肌化粧品に、必ずといっていいほど配合されています。

天然の美肌成分とも呼ばれるシスチンを、これほど多く摂取できるのは、卵殻膜の特徴のひとつだといえます。

人の肌に近いアミノ酸で肌との親和性が良い

美容と健康維持のためには、とても重要な役割を持っているアミノ酸。

卵殻膜は、18種類のアミノ酸を含んでいます。また、保湿成分として有名なコラーゲン、ヒアルロン酸も人工的ではなく、自然に含みます。

また、卵殻膜に含まれるアミノ酸は人の肌に存在するアミノ酸と非常に良く似ているといわれています。そのため、肌との親和性が高く、肌なじみがよいのも特徴です。

スキンケア用品は肌に直接触れるもの。肌なじみがよく、配合成分の浸透性が促進されるのは卵殻膜の効果のひとつといってもよいのではないでしょうか。

 

卵殻膜のアミノ酸

【必須アミノ酸】
リジン・ヒスチジン・トリプトファン・フェニルアラニン・バリン・メチオニン・イソロイシン・ロイシン・スレオニン

【非必須アミノ酸】
グリシン・プロリン・シスチン・アルギニン・アスパラギン酸・セリン・グルタミン酸・チロシン・アラニン

卵殻膜は細胞の免疫力アップさせる

卵殻膜には、ヒートショックプロテイン(HSP)を増やす作用があるといわれています。

ヒートショックプロテイン(HSP)とは、傷んだ細胞を修復する働きを持つたんぱく質のこと。このたんぱく質は、免疫細胞の働きを助け、カラダの免疫力や抵抗力を高めてくれます。

免疫力の低下も肌トラブルの原因になります。卵殻膜は外からだけではなく、内側からも大切な肌のために働いてくれる女性の強い味方なのです。

卵殻膜の美容効果まとめ

少し難しい説明になってしまいましたので、ここで卵殻膜の美容効果をまとめてみました。

効果が実感できるかどうかというのはやはり個人差がある部分ではありますが、卵殻膜化粧品を使いだした口コミには以下のようなものが多くみられます。

シワ、たるみなどの年齢肌への悩み

卵殻膜といえば、やはりこれ。保湿成分を生成する細胞を活性化させることによって、肌本来の力を取り戻すということ。

また、肌細胞がきちんと活動してくれることによって、肌のターンオーバーが正常に保たれます。このことによりお肌は健康的に保たれ、若々しい肌を維持することができるようになるのです。

弾力を持ち、キメの整った肌は表情をパッと明るくしてくれます。シワ、たるみなどで年齢よりも老けてみられてしまってつらいという女性にはピッタリの美容成分といえます。

たるみ毛穴の悩み

シワ、たるみと同様に加齢を重ねた女性の大きな悩みである「たるみ毛穴」

たるみによる毛穴のゆるみや広がりは、肌をどうしても汚く見せてしまいます。卵殻膜に含まれるアミノ酸などの美容成分の働きでお肌のキメが整うことによって、毛穴の広がりが徐々に気にならなくなっていきます。

卵殻膜化粧品を使いだしたら、以前ほど毛穴が目立たなくなったという女性は多いです。

皮膚の修復作用

今でも傷の修復に卵殻膜を使っているというスポーツ選手もたくさんいます。つぶれてしまったマメなどの傷跡に卵殻膜を貼っておくと、驚くほど治るのが早いそうです。

クレーター状のニキビ痕などは、なかなか治すことが難しいといわれていますが、卵殻膜化粧品を使うことでニキビ痕にも良い傾向がみられたという声も。

シミ、そばかすなどの悩み

シスチン豊富な卵殻膜は、シミの原因となるメラニンの生成を抑制します。

残念ながら化粧品でシミを直接消すことはできません。すでに出来てしまったシミを消すには、肌のターンオーバーを利用して徐々に薄くしていくしかありません。

しかし、これから出来るであろうシミの対策はメラニンの過剰生成を抑え、ターンオーバーを促進することで十分対策することができます。

シミ、そばかすなど肌トラブルには卵殻膜は強い味方になってくれそうです。

 

おすすめの卵殻膜化粧品をジャンル別に一挙紹介!
↓↓↓↓↓↓↓↓