【卵殻膜とコラーゲンの関係】卵殻膜はⅢ型コラーゲンの生成に超重要

卵殻膜のイメージ

骨や関節、皮膚や筋肉、髪などわたしたちのカラダのあらゆる組織に含まれるコラーゲン。

特に女性にとっては、コラーゲンは若さを維持するためのとても大切な成分。では、卵殻膜とコラーゲンはどのような関係にあるのでしょうか?

にわとりの卵の殻がコラーゲンと関係あるわけないでしょ?と思う方もたくさんいらっしゃると思いますが、実は卵殻膜とコラーゲンには深い関わりがあることが、研究機関の研究により判明しています。

コラーゲンバランスは、加齢とともに変化していきます

ヒトのカラダに存在するコラーゲンは実に30種類あまり。

その中でも、皮膚組織の70%ほどがⅠ型コラーゲンとⅢ型コラーゲンで構成されています。

Ⅰ型コラーゲンは、組織が強く硬い線維性コラーゲン。逆にⅢ型コラーゲンは、組織が細く柔軟性を持つ繊維性コラーゲン。

主に肌に弾力を持たせるのは、Ⅲ型コラーゲンのほうだと言われています。

赤ちゃんのときにはⅢ型コラーゲンが多い

細くやわらかいⅢ型コラーゲンは赤ちゃんの肌に多く存在します。あの思わず頬ずりしたくなるような、赤ちゃんのぷるんぷるんの肌はⅢ型コラーゲンがつくっているのです。

その後も年齢が若いうちはコラーゲンは活発に体内で作られ、常に新しいものと入れ替わっています。

しかし、加齢によりどうしても避けられない全体的なコラーゲンの減少。しかも、きめ細かな肌を維持するためのⅢ型コラーゲンのほうが多く減少していく傾向にあります。

これは加齢だけが原因ではなく、生活習慣、紫外線の刺激など様々な要因が重なり合っておこる現象です。

そして、皮膚に存在するコラーゲンバランスの比重が、硬くて強いⅠ型コラーゲンのほうに傾いてしまいます。しかも、40代ともなるとコラーゲンの総量もピーク時の6割ほどに落ち込んでしまいます。

これが、老けて見られる、いわゆる年齢肌の原因です。

Ⅲ型コラーゲンは増やすことのできないコラーゲン

いつまでも若々しいお肌を維持するために必要不可欠なⅢ型コラーゲン。

アンチエイジングを目指す女性にとっては、何としてでも増やしておきたいコラーゲンです。

しかし、残念なことながらⅢ型コラーゲンを増やすことは不可能に近いといわれてきました。それは、食材などに含まれるものではなく、食べることによって補えるものではないから。

Ⅲ型コラーゲンを増やすには、体内でⅢ型コラーゲンを生成する細胞を活性化させるしか方法はなかったのです。

 

Ⅲ型コラーゲンを生成するのは線維芽細胞

体内でⅢ型コラーゲンを生成するのは主に線維芽細胞(せんいがさいぼう)と呼ばれる細胞です。線維芽細胞は傷の修復時に活発に働く細胞です。美容外科などのアンチエイジング施術では、その働きを利用してわざと肌にレーザーで人為的に傷をつくり、Ⅲ型コラーゲンを増やす施術も行われています。

 

卵殻膜にⅢ型コラーゲンを増やす働きがあることが確認されました

中国や日本では、古くから傷の治療に卵の薄皮が使われていました。

傷の修復時にⅢ型コラーゲンは活発につくられる。では、傷の治療に使われてきた卵殻膜とⅢ型コラーゲンの生成には何か深い関わりがあるのではないか?

と、研究期間の人間が疑問に思ったのが、卵殻膜とコラーゲンの関係の研究のはじまりでした。

そしてついに、卵殻膜の成分が線維芽細胞を活性化して増殖をうながし、Ⅲ型コラーゲンの発現量が増加したという研究結果が2008年に学会で発表されたのです。

その後の2010年にはヒアルロン酸の増殖効果も確認され、卵殻膜が皮膚の保湿成分にとって有効に作用することは化学的にも証明されています。

 

第107回日本皮膚科学会

  • 非特異的な接着を排除した細胞培養環境で、卵殻膜ペプチドにヒト線維芽細胞が特異的に接着し、増殖した。
  • 卵殻膜ペプチド上に培養したヒト線維芽細胞でTypeⅠ,Ⅲcollagenの発現量が増加した。
  • 2ヶ月間(1日2回)の卵殻膜ペプチド化粧品を塗布した皮膚では弾性が増加する傾向がある。

結論

卵殻膜ペプチドはヒト線維芽細胞の生存・増殖環境を構築し、皮膚の弾性を増加させる効果が期待できる。

引用:卵殻膜ペプチドの皮膚への効果1 | 卵殻膜に関する研究発表 | NPO法人 日本卵殻膜推進協会

卵殻膜とコラーゲンの関係まとめ

専門機関の地道な研究によって、卵殻膜が皮膚のコラーゲン生成に深く関わりがあることが実証されました。

その後、卵殻膜製品のパイオニアである株式会社アルマード社、東京大学、東京農工大学との共同研究によって、水にも溶けない、そのまま食べても消化しないという扱いの難しい卵殻膜を水に溶かすことに成功。それが、加水分解卵殻膜です。

この卵殻膜を水に溶けるようにする技術によって、サプリメントやドリンクなどの食品、美容液や化粧水などの化粧品に数多く卵殻膜が使われるようになったのです。

卵殻膜化粧品ランキング